外国人のセフレが欲しい僕は出会い系アプリを駆使

外国人のセフレが欲しい僕は出会い系アプリを駆使

初めてのヨーロッパ旅行に行きました。

私は田舎生まれの田舎育ちですので、これまで外国人の方とはほぼ縁のない生活を送ってきましたので、そのときの旅行で外国人の中に紛れたときは緊張しました。

そして緊張とは別に、興奮もしたのです。
日本では見かけないような抜群なプロポーションを持った女性達を見て、性的衝動に駆られてしまったというわけです。
帰国後、私は外国人のセフレを得るべく、行動に出ていました。

外国人と知り合おうと努めてみたのですが、田舎ではなかなかツテを見つけられませんでした。
そんなときに、外国人と知り合う方法として「出会い系アプリを活用する」というようなことをネット出会い系アプリで聞いたのです。
外国では出会い系アプリを介して知り合い、リアルで出会うというのは結構普通なことのようで、出会い系アプリにも外国人は結構いると聞いたのです。

私も早速登録してみましたが、さすがに私の居住地の近辺ではほとんどいませんでした。
しかし、幾人かはいました。
ダメ元でその幾人にセフレになってくれないか、メールを送ってみたのですが、そのうちの一人から承諾の返信が届いてくれたのです。

ダメ元で、まったく期待していなかったので、急な緊張状態が訪れました。
自分を落ち着かせ、時折翻訳出会い系アプリを使いながらメール交換をしていき、いよいよ実際に会うこととなりました。

彼女は日本語の読み書きはあまりできないようですが、喋りの方はなかなかのものです。
実際に喋っても、違和感なくコミュニケーションが取れました。
ある程度仲も深まったところで、「今日、セフレになれませんか」という微妙なニュアンスを彼女に送ってみました。

すると、彼女から「セックスするということですか?」と返ってきたのです。
さすが外国人さんというべきか、とてもストレートな答えに戸惑いました。
私は恥ずかしがりながら頷くと、彼女は笑顔で「いいですよ」と言ってくれたのです。

セックスの方もストレートな感じでした。
アブノーマルなものではなく、至って正常なセックスです。
しかし、「激しさ」が段違いでした。
大きなボディを活かして私のペニスをグリグリとしてきます。
重い彼女のお尻が私の骨盤にガンガン当たってきて、人生一の騎乗位でした。

外国人さんを抱くということは、同人種とはまた違った感覚を味わえます。
どこか2次元の世界に入ったような、神秘的で刺激的な感覚を得ることができるのです。
なかなか外国人が少ない私の地元ですが、これからも出会い系アプリ等を利用して新たな外国人のセフレを探していこうと思っています。
【20代|男|建設関係】