セフレが欲しいならアプリでシングルマザー(バツイチ女)がおすすめ

セフレが欲しいならアプリでシングルマザー(バツイチ女)がおすすめ

最近、出会い系アプリの傾向として、シングルマザーがいいかんじの確率で会ってくれるので、助かってます。

やはり皆さん、たまには男に思いっきり甘えたいと思うようで、WinWinの出会いになるんだと思います。

一般のSNSなどのようにアシがつくこともないし、社会的に地下の世界のようなものなので、気兼ねなく自分を解放できるようです。

先日もまさしくその王道にハマってるシングルマザーのSさんと会って来ました。

出会い系アプリ内のプロフの二枚目の写真を開くと、ゆるいウェイブヘアーをシュシュで束ねた後姿で、その白いうなじにグっときたのが決定打でした。

首の長い人は美人が多いと自分の中で定説化してるのもあって、卑猥な言葉を混ぜて誘ってみましたが、嫌がるどころか、食い気味ってぐらいのエロい返事をくれ、会ってもらえることになりました。

雰囲気もクソもない、一番安いラブホを選択し、サービスタイムに入室しました。

首の長い女のジンクスはやはり正しく、隠さないと一発でバレると言えるほど、目鼻立ちのはっきりした美人さんでした。

要望どおり、プロフと同じシュシュを束ねた髪型で来てもらったので、うなじをしゃぶり倒すことから始まり、半ば強引にキスマークを付けてやりました。

肌の白さは首から下へと続き、凹凸のあるフォルムも含め、陶器のように美しかったです。

小学生の子供が帰宅するまでの3時間、二人でただの獣になってスッキリしました。
20代・男・Webデザイナー

大人の関係のセフレが欲しいが仕事への活力なのでアプリで3人作った

大人の関係のセフレが欲しいが仕事への活力なのでアプリで3人作った

今は、「とりあえず、女性とは大人の関係を楽しめればいかな」って感じです。

ここ3年ぐらいは、ほとんどアプリで作ったセフレと遊んでいます。
今のセフレは3人。
31歳の美容師と35歳の会社員、そして43歳の専業主婦です。
3人とも30代以上ですが、これはたまたまそうなっただけで、別に若い娘はNGってわけじゃありません。
これまでに、現役大学生とつきあったこともあるんですよ。

今はたまたま、その年代のセフレがそろったってわけなんです。

「3人と同時進行中」っていうと、なんだかモテ自慢してるみたいですけど、俺は別にそんなモテるほうじゃありません。
複数のアプリを使えば、けっこう出会える率高くなるし、俺みたいに守備範囲が広ければ、複数の女性と同時進行も難しくないと思いますよ。

3人の中で、エッチのグレードが一番高いのは、43歳の主婦です。
ほかの2人に比べて「欲求不満度」がずば抜けて高く、そのためセックスに貪欲。
自分からいろんなサービスをしてくれるんですよ。

それに、反応も抜群。
チェリーボーイ君なら、彼女の喘ぎ声を聞いているだけで、暴発してしまうんじゃないでしょうか。
それくらい、エロい喘ぎ方をするんです。

ただ、彼女はおっぱいがイマイチ。
そこは、31歳の美容師がナンバーワンですね。

仕事は心身ともにハードですけど、アプリで作った3人のセフレとのエッチを仕事の活力にしています。
【30代|男|大型小売店勤務】

セフレが欲しいと思っている欲求不満の主婦が出会い系アプリで密会

セフレが欲しいと思っている欲求不満の主婦が出会い系アプリで密会

性欲の強い男性と出会い系アプリで知り合い直ぐにセフレ関係となりました

夫は私の性欲が泉の如く絶え間なく湧いてくるにもかかわらず、毎晩一回しかセックスをしてくれません。

その所為で私は性欲がどうしても満たすことができず、欲求不満状態となってしまったのです。

そこでやむを得ず、夫には内緒で出会い系アプリで男性と会うようになりました。

しかし出会い系アプリを使っている男たちのくせに、一回戦しかできない男ばかりで、私はがっかりしてしまいました。

とはいえ出会い系アプリ以外でセックスが出来る男を探す手段がなかったので、私は出会い系アプリを使い続けたのです。

そしたらやっと、性欲が有り余る男性と出会うことが出来ました。

彼とは会って喫茶店で話していたのですが、いきなりテーブルの下で私の手を取り、自分の股間に当ててきたのです。

手の感触から、彼のモノが立っている事が分かりました。

そして彼は小声で、「早くやろうよ」と言ってきたのです。

ちょっと気持ち悪いと思いましたが、この人なら二回戦もしてくれそうと思い、彼の誘いに乗ってラブホテルへと向かったのです。

ラブホテルの部屋で私たちは服を脱いだのですが、まだ彼のモノは立ったままでした。

彼は我慢できなかったようで、私をベッドに押し倒すと、いきなりアソコにモノを突っ込んできたのです。

そして激しく腰を動かし、私の中に熱いモノを思いっきり出しました。

彼はそれでも満足できなかったようで、「もう一回しようか?」と言ってきたのです。

今度は私の体をしっかりと愛撫してくれたので、私も気持ち良くイクことができました。

何にせよ、私は二回セックスが楽しめて性欲が満足できたので、彼とセフレ関係となる事にしたのです。

彼はセフレ関係となってからも、強引にセックスを進めるのですが、それが段々快感に思えて来ました。

私は彼とセフレ関係となれたことで、思う存分セックスを楽しむ事が出来るようになり、欲求不満が解消できたのです。
「20代:女性:主婦」