やらせてくれる女が欲しくてアプリを使ったら30代OLと会えた

やらせてくれる女が欲しくてアプリを使ったら30代OLと会えた

フリーターの俺でも出会えたぜ

俺は今までセフレはきちんとした職業に就いた男共のみが作れるモノだと思っていた。

もちろん俺自身にセフレはなかったし、周囲のツレも誰一人としてセフレはなかった。

それで特に期待していなかったのだが、ネットの知り合いがセフレはアプリで作れると教えてきた。

本当にアプリなんかで作れるのか、と思った。

当時の俺の認識として、アプリはサクラしかいない場所だった。

現に俺はアプリで知り合ったなんて男女に会ったことはなかったからだ。

それでも特別高額にお金が必要なわけでもなかったから、とりあえず利用してみることにしたわけだ。

今だからこそ言えることだが、もっと早く登録しておけばよかった、と思っている。

そこはまるで楽園のごとく多くの女性が登録していたし、皆セフレを探していたのだ。

31歳のOLの女性が好感触を持っていたので、会って欲しいと提案してみたところ、すぐに了解の返事をくれた。

年上のお姉さんといった感じで、かなりエロチックな雰囲気を醸し出していた。

俺は童貞のごとくチンポを勃起させて繁華街を歩いていた。

向こうから自宅に来ないかという提案があり、もちろんすぐに了承の返事をした。

アパートの一室に入った俺達は、入室後すぐに抱きあっていた。

お互いセックスに飢えていたのだ。

その晩は何度も何度も射精して、金玉が萎えるくらいまで射精し切った。

結局、その後も関係は続いている。

今でも毎週末はほぼ身体を重ねている状況だ。
【20代|男|フリーター】

セフレが欲しい時にギャルと出会って定期的な関係

セフレが欲しい時にギャルと出会って定期的な関係

アプリでギャルのセフレが出来ました。

彼女は最初からセフレを作るつもりでアプリを利用していたみたいです。

お互い好みだったこともあって、すぐに会う約束をしました。

最初はカラオケで遊んで、その後ご飯を食べて、俺の家に招きました。

まずは先に彼女にシャワーを浴びさせて、後から俺がシャワーを浴びました。

バスタオルに身を包んだ彼女はベッドの上で俺を待っていました。

「早く、早く」と俺を手招きして、近づいた途端に俺をベッドへ押し倒しディープキスをしてきました。

お互いのタオルを取って、裸で体を重ね合わせている内、チンチンが反応し始めて気づけば彼女に舐められていました。

唾液たっぷりに、ねっとりと口に咥えてグジュグジュと音を立てながらフェラをした後は俺が彼女にクンニをしてあげました。

クリを小刻みに刺激しているとあっという間に彼女はイッてしまって、マンコがグッチョグチョでした。

彼女を四つん這いにして、最初は後ろから挿入しました。

部屋中に響くような音でパンパンとリズムよく彼女の奥を突きまくりました。

そして後ろから抱き付いて胸を揉みまくり、今度は彼女に上になってもらって腰を動かしました。

フィニッシュは俺が上から覆いかぶさって、スピードを上げながら前からグイグイ突きまくってイキました。

彼女とはこの日からセフレになりました。

彼女はアプリを通して他にもセフレがいると言っていました。

「よく体力が持つね?」と感心しながら言うと、笑いながら「まぁね」と言っていました。

俺も彼女に負けてられないなと、ちょっぴり思いました。
【30代|男性|会社員】

金持ちのセレブなセフレが欲しい時に出会い系アプリで見つける

金持ちのセレブなセフレが欲しい時に出会い系アプリで見つける

過去は仕事をしていたこともありますが、ここ数年は親のすねをかじる所謂ニートをやっております。

家に引きこもっている私は当然女性との出会いはなく、「誰かお金持ちの女の人のヒモにでもなりたいなぁ」なんて漠然と思っており、試しに出会い系アプリに登録してみました。

すると、偶然にもヒモを養いたいとプロフィールに書いてある30代後半の女社長の方を発見しました。
出会い系アプリ内にこんな人もいるのかと驚きつつ、私はすぐに彼女へ連絡を入れました。

出会い系アプリ内では嘘だろう、と思うほどどんどん話は進み、彼女が休みの日曜日に会うことになりました。

招かれたのは彼女の住むタワーマンション。
やっぱり社長さんはすごいところに住んでいるんだなぁと驚きつつ、彼女の部屋に入室しました。
やらせてくれる女の部屋は最上階をワンフロア全部彼女が所有している、最も良いとされるであろう部屋でした。
大きな窓からは都会を見下ろすかのような景色が広がっておりました。

そこで彼女は真剣に私と交際したいと言ってくれました。
働かなくてもいい、家事だけ少しやって、夜にセックスに付き合ってくれたらそれだけでいい、お小遣いもくれる、彼女の言葉は夢のような話でした。

当然ニートをしている私に断る理由もなく、その日は一回家に帰り、翌日から彼女の家で過ごすことになりました。

ここまでうまい話なんだから恐ろしいS女王だったり変態的な性癖があるのか、と最初は恐れていましたが、今のところ毎晩普通のセックスをしています。

彼女はカーテンを閉めず窓に手を付き、立ちバックをしながら外を眺めるのが好きなようです。

この生活がいつまで続くのでしょうか。
良好な関係を築けているので、このまま結婚して主夫なんかになれたらいいのですが。
【20代|男性|無職】

大人の関係のセフレが欲しいが仕事への活力なのでアプリで3人作った

大人の関係のセフレが欲しいが仕事への活力なのでアプリで3人作った

今は、「とりあえず、女性とは大人の関係を楽しめればいかな」って感じです。

ここ3年ぐらいは、ほとんどアプリで作ったセフレと遊んでいます。
今のセフレは3人。
31歳の美容師と35歳の会社員、そして43歳の専業主婦です。
3人とも30代以上ですが、これはたまたまそうなっただけで、別に若い娘はNGってわけじゃありません。
これまでに、現役大学生とつきあったこともあるんですよ。

今はたまたま、その年代のセフレがそろったってわけなんです。

「3人と同時進行中」っていうと、なんだかモテ自慢してるみたいですけど、俺は別にそんなモテるほうじゃありません。
複数のアプリを使えば、けっこう出会える率高くなるし、俺みたいに守備範囲が広ければ、複数の女性と同時進行も難しくないと思いますよ。

3人の中で、エッチのグレードが一番高いのは、43歳の主婦です。
ほかの2人に比べて「欲求不満度」がずば抜けて高く、そのためセックスに貪欲。
自分からいろんなサービスをしてくれるんですよ。

それに、反応も抜群。
チェリーボーイ君なら、彼女の喘ぎ声を聞いているだけで、暴発してしまうんじゃないでしょうか。
それくらい、エロい喘ぎ方をするんです。

ただ、彼女はおっぱいがイマイチ。
そこは、31歳の美容師がナンバーワンですね。

仕事は心身ともにハードですけど、アプリで作った3人のセフレとのエッチを仕事の活力にしています。
【30代|男|大型小売店勤務】

セフレが欲しいと思っている欲求不満の主婦が出会い系アプリで密会

セフレが欲しいと思っている欲求不満の主婦が出会い系アプリで密会

性欲の強い男性と出会い系アプリで知り合い直ぐにセフレ関係となりました

夫は私の性欲が泉の如く絶え間なく湧いてくるにもかかわらず、毎晩一回しかセックスをしてくれません。

その所為で私は性欲がどうしても満たすことができず、欲求不満状態となってしまったのです。

そこでやむを得ず、夫には内緒で出会い系アプリで男性と会うようになりました。

しかし出会い系アプリを使っている男たちのくせに、一回戦しかできない男ばかりで、私はがっかりしてしまいました。

とはいえ出会い系アプリ以外でセックスが出来る男を探す手段がなかったので、私は出会い系アプリを使い続けたのです。

そしたらやっと、性欲が有り余る男性と出会うことが出来ました。

彼とは会って喫茶店で話していたのですが、いきなりテーブルの下で私の手を取り、自分の股間に当ててきたのです。

手の感触から、彼のモノが立っている事が分かりました。

そして彼は小声で、「早くやろうよ」と言ってきたのです。

ちょっと気持ち悪いと思いましたが、この人なら二回戦もしてくれそうと思い、彼の誘いに乗ってラブホテルへと向かったのです。

ラブホテルの部屋で私たちは服を脱いだのですが、まだ彼のモノは立ったままでした。

彼は我慢できなかったようで、私をベッドに押し倒すと、いきなりアソコにモノを突っ込んできたのです。

そして激しく腰を動かし、私の中に熱いモノを思いっきり出しました。

彼はそれでも満足できなかったようで、「もう一回しようか?」と言ってきたのです。

今度は私の体をしっかりと愛撫してくれたので、私も気持ち良くイクことができました。

何にせよ、私は二回セックスが楽しめて性欲が満足できたので、彼とセフレ関係となる事にしたのです。

彼はセフレ関係となってからも、強引にセックスを進めるのですが、それが段々快感に思えて来ました。

私は彼とセフレ関係となれたことで、思う存分セックスを楽しむ事が出来るようになり、欲求不満が解消できたのです。
「20代:女性:主婦」